おいしい給食


ページ内リンク


子どもたちの土台作りである幼児期に、
『食』はとても重要な関わりがあります。
筑紫丘幼稚園では、保育の一環として給食を考えています。

こんな思いから、園で完全手作りの給食づくりが始まりました。

  • 食べることが大好きになってほしい。
  • もりもり食べる意欲をつくりたい。
  • 何でもおいしく食べられる味覚を育てたい。
  • 食べることを通じて自分の体について興味を持ち、考えるようになってほしい。
  • 食を通じて友達と共感しあえる嬉しさを感じてほしい。
  • 苦手なものを食べられるようになった自信が、課題に取り組む力につながってほしい。
  • よく噛み、しっかりと咀嚼することで、脳や手足の力を育てたい。

給食室から流れてくるおいしそうな匂いに、「いいにおい」「おなかすいた」とはしゃぐ様子や、給食の鍋のふたをあけ、「わあ、おいしそう」「あったかーい」「はやく食べたい」という声を聞くと、食は味覚だけでなく、五感を使うものだということがわかります。

筑紫丘幼稚園給食の様子“作ってもらったものを食べる”だけでなく、食材に「さわる」「つくる」経験も、食べる意欲を育てます。食材を洗ったり皮をむいたりするお手伝い、畑での野菜づくりや収穫した野菜を使った食育活動は、大事にしている保育活動のひとつです。

園の給食は子どもたちにとても人気があります。
苦手なものが食べられるようになったり、家では嫌いな献立を給食で好きになったり、少食の子がたくさん食べるようになったり、日々たくさんの変化や成長があります。
元気に遊んでたくさん食べ、ぐっすり眠る子は意欲があってたくましい。まさに食べる力は生きる力です。

筑紫丘幼稚園の給食へのこだわり

  • 野菜中心の献立にする。
  • 安全面とおいしさの面から、可能な限り無農薬の野菜を使う。
  • 出汁は昆布・かつおぶし・いりこなど天然のものを使う。
  • 調味料は塩・しょうゆ・みりん・味噌・酢を基本にし、化学調味料は使わない。
  • アレルギーの子どもも、みんなで同じものを食べられるような食材を使う。
  • 咀嚼(そしゃく)力を育てるため、野菜は大きく切る。
  • 素材の味を大事にするため、薄味にする。

季節の食材や栄養バランスに気を配った、大人気の手作り給食。

その他にも、さまざまなメニューの給食があります。

過去の給食を見る

このページのトップへ戻る